皇圓明流 という陰陽道の流派 で九十三代目として「陰陽術」や「占術」更に神道「祈祷」「祈願」「お祓い」「供養」など様々なスピリチュアル的能力で「問題」「選択」を解決いたします! 運命は自分で選択することができる。 人は、自分を知り自分を信じた時、新しい自分に出会えます。

祈願 Prayer

祈願

「祈祷」とは、「祈願」あるいは「祈念」ともいい、神さまのご加護をいただけるように願い求めるお祭りです。その内容は、人生の 通過儀礼や年中行事に関わりのあることなど、実に多種多様であり、人それぞれの事情に応じても違ってきます。 まず人生儀礼に関 する祈祷の例として、子授けや安産祈願、初宮詣(はつみやもうで)、七五三、入園や入学奉告、成人奉告などがあります。 年中行 事に関する祈祷の例としては、節分のときの厄除祈願などがあります。 この他にも、家内安全や商売繁盛、交通安全、心願成就、病気平癒(へいゆ)などを願う祈祷があります。 これら、神社内で行われる祈祷に対し、神社外、つまり神職が出向いて行う祈祷もあります。 建築儀となっている地鎮祭、上棟祭、竣工祭などがそれに該当します。 なお、祈祷を受ける際の心構えとしては、真心をこめて祈ることが大切です。

皇圓明流祈願

浄化を行い、心を清め「神仏・自然界」等の「力」を少し拝借し、クライアントの願いが現実のものになる為の道作りを行い、最後クライアント自身で本当に叶えたい願いであるかを再度確認させ気持ちがブレない場合には扉を開き道を指し示します。現在の 位置と目標への道が繋がった時点で祈願は終了となります。祈願後にも気持ちがブレないことを念押しし最短で願望達成に迎えるようにアドバイス致します。

金額
参万円・伍万円。拾萬円
よりお選び下さい。

祈願の種類

・安産祈願
(母子共に出産を乗り切れる”力”を増加させる)

・お宮参り 初宮詣
(安産祈願のお礼参りと子供の健やかな成長を限りなく穏やかに過ごす為)

・七五三詣
(いわゆる厄年です。家族と歩むためです)

・十一参り(男児)
(男児のみの厄年です。古来日本では十一歳より大人として認められておりプチ成人式)

・成人奉告
(法的にも責任が重くなってくる、子供の頃からの柵を浄化一新する)

・厄払い
(節目の年に家族とお別れにならない様に人生を歩むため)

・還暦など寿祭
(長命だけでなく、健康で若くありたい方にはお勧めです)

・合格祈願
(頭脳、体調、精神力、集中力などを継続させ培ってきた能力を最大限に発揮させる)

・商売繁盛札
(運気・タイミングが合えば効果絶大します。合わなくても変化が訪れ良くなります)

・立身出生祈願
(起業される時や向上心の強い方に最適、最低限の妨害で済みます)

・蟲除封じ
(機嫌が悪くなりやすい赤ちゃん熟睡せずいつもグズル子供を「かんの虫がついた」と表現します)

・縁切祈願
(悪縁、腐れ縁、ストーカー、元彼、元カノ等と縁切でキッパリ切って良縁祈願を行うと効果倍増)

・良縁祈願
(人生においての「得」運を生み出してくれる赤い糸との出会いが待っています)

・夫婦円満祈願
(異なる人生を歩んできた者同士、お互い相手を包んで受け入れてあげる事で楽しい毎日を過ごせる)

・家内安全祈願
(家族間のすれ違いを予防することで家族の絆を強力にします)

・心身健康
(ケガや病気や精神の安定を祈願し普通の生活を送る)

・傷害平癒
(自然治癒能力が活性化され通常より早く平癒します)

・病気平癒
(自然治癒能力が活性化され通常より早く平癒します)

・学業向上
(記憶力・集中力を最大限に発揮させます)

・渡航安全
(海・河等での災難事故を保護し生命力を高める)

・除災招福
(大晦日より元旦に掛けて行う行事で一年間の厄を祓い一年間の幸運を招く)

・開運招福
(運気低迷時期を上昇期に変化させる)

・必勝祈願
(勝つ事のみを純粋に追及し自身の手にする)

・就職成就
(面接官に弊社にとって必要な存在であるというオーラを発する)

・社運隆盛
(会社、企業、工場等の運気を向上させる)

・心願成就
(純粋に目標を立て一心に願い目標へ最短の運を切り開く)

・・・その他の所願成就祈願承ります。

祈り

祈りは、神聖視する対象に何らかの実現を請う行動である。祈りの内容は、意思疎通(交信・こうしん)を図ろうとするものや病気の回復、または他人の身に良いことが起こるようになど、祈る人の状況や習慣などで多岐にわたる。神に対して自分の考えや思いを表現することは「告白」や「お礼参り」という。 外形的には、祈祷者(祈祷師)の独白ないし語りかけ(呪文や経典や教本の一節など定型句など)または黙祷というかたちをとることがある。また、瞑目、平伏、合掌あるいは行進(歩行)などの身体動作、姿勢や・踊りなどや、それらが伴う場合もある。祈りは、個人で行われることもあり、集団で行われることもある。付帯的に供物などの奉げる(ささげる)ものを添えるばあいもある。 その様式や理念は宗教にもよって、様々に定義されているものや曖昧なものもあり最も基本的な宗教活動や民間信仰の一つである。 そして、「教義や教則、またそれらを含めた経典や教本をもつ宗教」に限らずそれ以前に、世界中の古代文明において発生したシャーマニズム(祈祷・占い・呪術・薬草による医療行為・神との交信)や祖霊信仰や自然崇拝・精霊崇拝アニミズムの日(太陽)や流れ星に至るまで、対象が漠然としたものに対する感謝などの、意思の表明や表現や現象に対しての活動でも同語が用いられ、一概に祈りというものが特定宗教における価値観念とは別の、より根源的な欲求に基 いた人間の活動様式であることも見て取れる。そして、その対象も時と場所や個人の思想にも拠り様々であるが、祈りと言う活動は、人間の社会において普遍的である。

・・・その他の所願成就祈願承ります。

お気軽に問合せください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 皇圓明流 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »