皇圓明流 という陰陽道の流派 で九十三代目として「陰陽術」や「占術」更に神道「祈祷」「祈願」「お祓い」「供養」など様々なスピリチュアル的能力で「問題」「選択」を解決いたします! 運命は自分で選択することができる。 人は、自分を知り自分を信じた時、新しい自分に出会えます。

結界 Barrier

結界
元々、聖域(仏教)神域(神道)と俗域とを分ける為の境界線でした。その時代においては「邪」「欲」は現代ほど溢れておらず区別するために作られておりました。
平安時代頃より「地位」「名誉」「物欲」「食欲」「金銭欲」「性欲」など現代にも通づる欲が急増し「欲」に蝕まれた輩は「罪悪感」という感情を強く持つようになり多次元を見る眼が無くなり、いつしか「感じる」力が独り歩きしはじめ「恐怖」さえ敏感に感じ取る様になってまいりました。その結果、感じるモノを避ける為に新しい「結界」ができたのです。

平安時代より伝わる結界とは、正に「魑魅魍魎」より身を守る術として進化し続けたのです。

現代では「罪悪感」をも超えた感情が表立ち現れる様になると、「恐怖」ではなく「効率」の為の結界なども開発されております。それこそが「皇圓明流」「陰陽術」進化版となります。

もちろん、平安時代から受け継がれた「魑魅魍魎・死霊・生霊・動物霊・妖怪・悪霊・他にも沢山」を侵入できない為の結界は当然ながら、最近の「進化版」「都合の良い人物のみ入れる」も「結界」として作成できる様になりました。92代目の時代も多少そういった結界などもありましたが、現在では「人」「物」「多次元のモノ」「利益」「不利益」などもっと細かな条件にも対応する結界を編み出しました。

詳細は、クライアントの要望により異なりますので、一度ご連絡ください。

金額的にも、細かければ細かいほど高額となります。

参考価格
・月額 / 壱万円    /   参万円  /  伍万円     /  拾萬円
・年額 / 拾萬円    /  参拾萬円  /  伍拾萬円  /  壱百萬円
・永年 / 伍拾萬円 /  壱百萬円  /  伍百萬円  /  壱千萬円

余談ですが、、、
日本建築
「襖(ふすま)」「障子(しょうじ)」「衝立(ついたて)」「縁側」などの仕掛けも、同様の意味で広義の「結界」である。商家においては、帳場と客を仕切るために置く帳場格子を結界と呼ぶ。空間を仕切る意識が希薄な日本においては、日常レベルでもさまざまな場面で「結界」が設けられる。例えば、「暖簾(のれん)」がそうである。これを下げることで往来と店を柔らかく仕切り、また時間外には仕舞うことで営業していないことを表示する。このような店の顔としての暖簾は、上記の役割を超えて、店の歴史的な伝統までも象徴することとなる。

お気軽に問合せください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 皇圓明流 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »